この度は為替についてのベーシックな内容のエピソードです。為替を簡潔に言うと「自分でお金の送付をしなくても資金授受の意図を成し遂げるやり取り」を言います。通常為替の市場は外為のことを言及する人がほとんどです。外為を簡潔に説明すると両国の貨幣の取り替えのことを指します。海外へ旅行(スペイン、ベトナム、アメリカ合衆国)などした経験があるならば、間違いなく外国の為替の経験をしたことがあると思います。銀行の窓口にて旅行先の国の金銭と交換をした場合はまさに外為という事です。為替の市場を簡潔にいうと、買いたいと思う人と売ろうと思っている人の価格を言ったものです。銀行のやり取りの結果決定されます。それはマーケットメイカーと言う指定の複数の銀行なのです。為替相場はたくさんの働きかけを受けつつもなお休むことなく変動して行きます。為替を変えて行く引き金になるのは、ファンダメンタルズというのが言われます。ファンダメンタルズの意味とは経済状況、経済の基礎やいろいろな要素のことを言います。国ごとの経済成長率や景気の状態、物価指数、金融政策、重要人物の一言と言う事柄が関わって為替相場は変動します。ひときわ国際収支と失業率は重要と思われます。国際収支統計とは何かと言うと、日本の組織でいう財務省からの指示で中央銀行(日本銀行)貿易の統計を土台としてまとめた異国とのある期の経済取引を記載したものです。こちらは中央省庁や日本銀行のHPの中で確認することができます。就労者の統計・失業率も重要視される要因なのです。特にアメリカ合衆国の労働者の統計は影響します。月一で提示され、調査内容が幅の広いのが特徴です。為替相場の推移は経済自体の動きを指しているので。経済活動の変化を読むことで為替相場の状況予想ができると言えます。