とうとう始める時という局面では下準備をおろそかにしてはいけません。。トレードを始める前であるならば、場面を理性的に見つめる事が可能です。しかし、ひとたび取引の内部に飛び込んでしまうと、どう試みても考え方が自己中心的になってしまい時として適切な見方がわからなくなる可能性があります。そのために頭が落ち着いているうちに準備をしておくことが大切なのだ。この”j事前準備”のためには、自らの脚本を作成する事から手をつけます。明日からの投資状況はああだからユーロを勝負するといった自分だけの物語を描いていきます。次はローソク足チャートを見ましょう。為替相場の上下動を見極めて現時点での値動きをチェックします。そうしたら、「今は結構低すぎるレベルだ」など、それとも「もう大勢の方々がエントリーしているから、今さら慌てて売り(または買い)してももうやりようがない」ということが見えてくる。言うまでも無くもうエントリーするのが遅いと思ったならばエントリーしないで、そこはすっぱりと諦めることが重要です。どうやっても自分自身のシナリオを引き下げないで強引に新規エントリーすると、外国為替市場にやられてしまい逆にマイナスになります。とは言うものの多くの場面で準備万端の自分の脚本を考えているとすれば、取引が間に合わないなという状況にはなりません。たぶん、本格的に為替相場が上げ下げする前のはずだから。その次に当面は自分が売り買いしようと思っている外貨の上下動を、ちゃんと見る事が必要です。仮定としてドル高になるだろうという物語を作成したのであればその外貨の変動に注目する必要があります。相場の変動を気をつけ始めた段階では、該当の通貨は推移する兆しを見せることはなく、上がったり下がったり小幅な変化をしているだけでしょう。だけど、その動きをじっくりと見ていると、ある位置で着実にドル高へと向い始めます。このチャンスでやっとドル買いの注文をします。基本的に、ここまで用意をすればその取引で勝つ率は比較的高くなるはずです。