「スプレッド」とはFXは外貨を売買の注文をして利ざやを生み出す投資です。売買の注文の値は上下しています。これが為替です。テレビのニュースをみていると通貨の為替相場の情報が流れる状況があります。例としてあげると、「ただいまのドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表現しています。別の言い方をすると、外為取引には買値と売値の2個の値が存在するのです。売値、買値ではなくビット、アスクと表現しているFX会社も存在しています。普段は買値よりも売値が低い値段に決められています。自分が買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。この差をスプレッドといい、会社の稼ぎとなっています。スプレッドの広さは業者によって異なります。スプレッドの広さは投資家にとって支出となるので、狭いFX業者を選択したほうが得します。ただ、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの差は拡大したり、縮小したりします。例えば普段はドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドだったとしても為替の動きがかなり激しいケースでは3銭、4銭になったりする状況があります。そのため、スプレッドが狭いのと同じくらい変化が小さいということが必要です。この頃では固定でスプレッドの幅を提示するFX会社もあります。実際に取引業者の取引画面上でリアルな為替相場を確かめなければ区別できないので億劫ですが、とても大事な事です。重要な資金を使ってトレードをしますので、トレードの前に心惹かれた会社の口座開設を遠慮せずにして提示されているスプレッドの幅を実感しましょう。同じ通貨でもその場面での為替相場の状態によって、通貨ペアのスプレッドの広さは変わります。たいがい、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッド幅が小さく、別のペアではスプレッドの差が拡大する傾向にあります。