とうとう取引する時という場合には始めに準備を横着してはいけません。売買を始める前であったら物事を客観的に調査する事ができる余裕があります。だけれども、ひとたびマーケットの内側に踏み込んでしまうとどうしても見え方が独りよがりになる場合があり、状況によってはしっかりとした判断が分からなくなる可能性があります。その分自身のメンタルが論理的な場面で間違いない準備する事が大事です。その準備とは、まずはあなただけのシナリオを作成する事からスタートする。この先の市場は下がる(または上がる)から、豪ドルを売買するというように、自分で考えた物語を描いていきます。次にチャートをチェックしよう。それ以前の市場の動きを見て、位置を見ます。そうすれば、「今日はなかなか高すぎるレベルになっている」とか、「今となっては大多数の投資家の方々が勝負している今からエントリーしてももう間に合わないな」などと判断できます。もちろん今さら売買するのが間に合わないなと思っていたら仕かけないで、この場面ではすっぱりと諦めることが必要です。どう試みても自分自身の脚本を押し通そうとして、諦めずに注文すると、マーケットにやられて、むしろマイナスになるリスクがあります。そうは言ってもたいがいの状況で、用意周到に自分自身の脚本を思い描いているとエントリーが手遅れということにはならないと思います。現実に外国為替相場が上げ下げする前のはずです。次は、差し当って自分が売買しようとしているポジションの動きを正確に見る事が大事です。もしも、円安に向うはずだという台本を描いたのであれば、該当する外貨の上げ下げに注意を払っておきます。市場の変化を注目し始めた段階では該当の外貨は推移する素振りを見せることはなく上下に小幅な上下動をしているだけでしょう。ところが、その動きを正確に注目しているとあるところでゆっくりと、ドル高の方向へと相場が推移し始めます。このタイミングでやっとドル円の新規注文を出すのだ。おおむね、そこまで周到に準偏さえしておけば、その注文で稼げる可能性はかなり高くなります。