FX投資の経験の浅い方が為替相場の大切なところを探すためには取引を積む事が大切である。事前にリスクを感づくようにするためには、間違いをすることも大切です。もちろん、失敗するといっても持ち直せないほど大きな損をする事は許されません。やり直しが効くミスを体験することが己の経験値を高めてくれるはずだ。そう考えるとまずは少ない資金でトレードを行ない、これによって幾度か取り返しが付くミスをすることが重要です。例えとして、100万円だけしか資金がない方が、はじめから100万円を全て投資してエントリーすると損した時金輪際立ち上がれなくなってしまう恐れがあります。そのため、仮に資金の1割ずつ分割して取引してここでトレードを体験した方がじょじょに失敗を回避する技術なども学んでいくはずです。最初はわずかなお金でトレードする事の長所は、先に言及したように、自分の体験を増やし間違いを避ける方法を覚える事にありますが同時に、取引の回数を増やして、危険を削減できるというメリットもある。仮定として、売り買いで勝てる確率が5割だと考えます。ということは、同じく50%の確率で損失を生む危険性もあります。勝率5割ということは。半分半分の比率でプラスになる事を示しています。だが、全ての投資資金を賭けて1度のみの勝負をするということは明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。これでは丁半バクチと同じです。それは全ての投資資金を投じて1回のみしか仕かけないと、これだけでは損する確率が高まってしまいます。だから、お金を1回に全部賭けるのではなく何度かに分けて投資機会を積む事がリスク回避となります。ただ少しずつ分けたとしても、全てのエントリーで勝つ事は大事ではありません。はっきり言うと、勝利する事が出来ないのが本当のところです。売買で肝心なのは、勝率ではなく、どのように儲けるかである。勝半5割でも、たとえ3割でもプラスにする事は出来ます。それ以上負けてもその収益が少なければわずかな勝ちのプラスの大きさで上手に儲けられます。そのために必要な事は、損失を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。損失が生じたらすぐさま損切りして、反対に勝った場合には上手く利益を出す事がFX取引をはじめたばかりの方がFXで成功する極意といえる。