FXの投資についての対象は各国の貨幣があげられます。流通貨幣において勉強していこうと予定しています。・公式通貨には「基軸通貨」という呼び方で称されている通貨があります。基軸通貨とは、世界各国間の決済や金融機関の取引に際して中心的に使用される通貨のことを指しますが、現状では$(米ドル)になります。往年は英ポンドについて基軸通貨でありましたが米ドルになったのであります。・FXを使用して取引きしている流通貨幣の種類については、他で言う外貨投資に比較してみた時格段に多数というのが特殊性というのがあげられます。FX会社間によって、扱う貨幣の種類に関しては、変わっていますが普通では20種類前後の模様です。流動する性質が高い数値の公式貨幣をメジャー通貨と呼びます。変動が高いが表すことは、やり取りが頻繁に行われており、公式通貨の売り買いたやすいことです。主要な公式通貨には上記にてお伝えした基軸通貨と称されるアメリカ合衆国ドルに、日本円、?(ユーロ)3つの通貨があって世界の3大通貨表されています。英ポンド、豪ドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。これらの通貨以外の流動する性質が少しの通貨においてはマイナー通貨と呼ばれ比較的経済における力が比較的弱い国の通貨価値で、南アフリカランドやシンガポールドル、ポーランドズロチ、トルコリラなどが主とされている通貨は売買しておる量が多量ですという事もあり値の変動が一定水準でニュースの量もたくさんあるとのことです。マイナー通貨については、金利の面で高い価格な通貨が多いから、値の乱調がかなりあるとの事です。値の激動がかなりあるいう事においては、絶大な利益を入手するチャンスが存在しますがチャンスがあるだけ好ましくない結果の可能性も大きくて不安定事があります。加えて変動があまりない流通貨幣ですから、決済を望む際に終了が不可能である状態になり得る事があるのです。どの通貨を選別するのかという事においては、ケースバイケースの貨幣の性質を十分に検討してから実行する必要があるのではないかと思いました。