FX(外国為替証拠金取引)についての魅力は一つの投資商品であるが資金投下の期間を短い・普通・長いの3つの期間からどれを選定するのかによって投資の手法が違ってくる部分にあると言われます。第一に外国の貨幣へ投資の「長期の投資」を考えましょう。長期のスタンスは、一年以上の長期投資が原則とされているのが通常です。まず為替においては一年以上経過した後の為替の相場がは円高になっているだろうか、反対に円安なのかを推測するということは、まず難題に近いです。正直なところ、「そこまで後の動きは考えられない」と考えるのが本当のところなのです。予想もできないことを頭を使って予想しようとしたところでそんなことは無茶苦茶なものです。したがって外国の貨幣を買ったと仮定して、その時の買いレートよりも円高に変動したとしてもその差損分は近い将来元に戻るはずだという軽い意識でやり取りに向き合うのがベストです。為替の利益を一生懸命に求めることに限らず、それ以外の収益つまりはスワップポイントで収益を上げることを第一のゴールとしてお金を預けてみましょう。当然少しの期間で為替変動の為のマイナスが非常に大きく膨らんでしまうことがあります。そういったことからこんなマイナスが膨らんでもさほど困らないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少しで取引するのは重要です。外国為替証拠金取引は損が一定範囲以上更に広がると追い証(追加保証金)が出て来たり、または損切りがかかったりします。ストップロス(ロスカット)をすることになったらすぐに売買を清算せざるを得なくなり長期トレードがストップしてしまいます。この例のような危険から逃れるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりで売り買いするのがベストです。次に中期の場合の売り買いを説明します。中期の投資のケースは、長くて1?2ヶ月ばかり経った頃を考慮してのトレードです。為替売買の際は、だいたい1ヶ月ほど先のことであれば、ある程度推測しやすいと思われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)等の世界的な論議の内容や、マーケットに参加している人たちがどういった内容に関心があるかを確認してみればいくぶん、予知できるのです。経済情勢をチェックしつつ、チャートを確認することで為替相場の状況を把握し、取引を決めるのがベストです。基本的に経済情勢とテクニックのどちらも良い方向でありまたは買いが一致していれば、ほぼそのまま動くと思って良いのです。その時は持ち金を増やしておけばさらに多額のリターンをもらえるのです。最後は短期スタンスの要点。ここでいう短期スタンスが指しているのは、つまりはデイトレのことを指しています。為替でデイトレーディングをするにあたり経済情勢はまるっきり関連がないと思います。それはあくる日の為替の相場の動きに、ファンダメンタルズは影響ないからです。ここで最大のポイントは大きな催し物があると、それにより相場が大幅に変動する時を逃さないよう行動しましょう。例を挙げると、アメリカにおいて雇用情勢が出される、はたまた金融政策などにより金利が変わるといったこと。こうした絶好のチャンスに変わり様をものにするという理由から、短期トレードは専門的な情報が欲しいところである。