外国為替市場であるFXについて見てみましょう。外国為替証拠金取引とは、二国のお金を取引しそれらの差し引いた利益を受け取るといったようなやり方となります。二つの貨幣の間で出る差益金額をスワップ金利をいうのです。こういったスワップ金利のことは、正確にはスワップポイントというみたいです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利は、日ごとにでももらえますが、その時の為替相場の動きで異なるそうです。こういうFXのスワップ金利の獲得を目的に外国為替証拠金取引(FX)の為替トレードをやっている方もたくさんいます。スワップポイントはそのFX業者により違ってくるのでできるだけ高い取引業者を利用したい所です。しかしながらスワップポイントは為替のレートが変わることで変化してしまうので注意しましょう。またトレードを行う時には図表を読むのが必須となります。こうしたグラフを読み取る事で、為替の取引の流れを読む事が可能になるのです。為替取引に慣れない人が見たならば、何の為のグラフ?などと難しく思えてしまうでしょうが要所を覚えていることで図表が理解可能となるのです。いつ頃から日本円が上昇傾向にあるとか下がって来ているという感じで、今が最近では円安になるだろうとこのグラフを見て判断する事が出来、為替の取引をやる際はこの上なく大事なデータとなるらしいです。このグラフは、日本ではローソク足(陰陽足)が使われており名前の通りローソクの形の図で表されています。そのローソク足(陰陽足)は、高値とか安値さらに終値とか始値を表示していて図においては様々な格好になっているのです。