いよいよ始める時という場面では事前対策をしなくてはいけません。トレードを始める前ならば、物事を冷静に見つめる事ができる余地があります。だが、いっぺん相場の内部に飛び込んでしまうと、どうあがいても受け取り方が自分勝手なものになる場合があり往々にして適切な見方が出来なくなる。リスクを負います。だからこそ自身の考え方が合理的な状況で、正しく準備を進めておくことが必要です。事前準備するためには、まずは己のシナリオを書くことから開始します。未来のこの通貨はこうなるだろうからNZドルを取引するみたいな自分の筋書きを書いていきます。次に重要なのは日足チャートをチェックする事です。為替レートの値動きをチェックして、チャートを確認する。すると、「今は結構高すぎる状態にある」とか、または「大方の投資家が勝負している、これから先大急ぎで売買しても今さら遅いな」などと判断できます。当然ですがもはや買い(または売り)するのが間に合わないなと考えたならばここはすっぱりとあきらめることか肝心。どうやってもあなたなりの台本を押し通そうとして吹っ切らずに売買すると、外国為替相場にやられてかえって損することになる危険があります。ただし多くの場面で、準備万端のあなたなりの台本を書いておくと買い(または売り)がなすすべがないというケースにはならないと考えます。本格的に相場が動意づく前のはずだからです。その次は、とりあえずは自分自身が売買しようとしている通貨の上下動を、しっかり点検する事が肝心。もしも、円安になると推測するシナリオを作成したのであれば該当する通貨の上げ下げに注目しておくことだ。市場の動きを確認し始めた状況では、まだドルは大きく変動する気配を見せることはなく上がったり下がったりちょっとした動きを繰り返しているだけだろう。だが、その動きを注目しているとある場面でじりじりと円安の方向へとマーケットが向い始めます。このタイミングで初めて、ドル買いの注文をします。通常、これだけ注意深く計画をすればそのトレードで勝つ可能性は相当高くなるはずです。