外国為替市場介入(為替介入)という言葉をご存知でしょうか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビのニュースグーグルの情報でご覧になった方もいるでしょう。元から為替介入(外国為替平衡操作)といえば日本では、◯大臣(財務大臣)円相場の安定性を実現するために用いる方策として見なされています。簡潔に言えば、極度の円高もしくは円安になった際に財務大臣の言いつけによって日本銀行が日本円の取引をして為替相場の安定をさせるというものです。外国為替市場介入(為替介入)は方法があるのです。1.単独介入・・・行政または中央銀行(日本銀行)が東京市場で直接市場に参入してきて外国為替市場介入(為替介入)をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが協議したうえで、それぞれの銀行などが金を活用して同時または断続的に為替介入して行く。3.委託介入・・・外国の通貨当局への外国為替平衡操作(為替介入)を託す。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他の国の銀行などに代わり為替介入を実施する。こういった種類です。どの場合の為替の介入も一時期、または継続して為替に大きなインパクトを与えると思います。為替の介入の資金は当然のことですが面目をかけて行なうだけに桁外れです。円を元に説明すると、普通は数銭ごとに変動する円相場が突発的に数円単位の変動をします。投資家の方であれば今までに体験したことがあると思いますがそこまでは見込み通り利益(または損失)が多くなっている持ち高を保持していたのだが、持っている保有高が決済しましたと情報がFX業者の人間よりメールが来ました。いくら得したのかな(損したのかな)?と気にしつつ決済報告を見ると自分で推測していた事とは逆の内容であり目を丸くしたという例がありました。外国為替平衡操作(為替介入)が実施された場合に多く聞いた話です。この例のように為替介入を実施すると為替のトレンドとまったく逆の変化をするものなのです。それだけでなく変化する額の大きさはでかく変化するため注意が必要なのです。